幹細胞培養液とは?

幹細胞培養液とは何?

幹細胞培養液を使った美肌再生治療は、肌を細胞レベルからよみがえらせる革新的なアンチエイジングケアとして注目されています。では、幹細胞培養液とはどのようなものなのでしょうか?

 

幹細胞培養液とは?

 

 

 

ヒト由来幹細胞培養液とは?

 

ヒト幹細胞培養液とは、ヒト由来の幹細胞を培養するときに分泌されるペプチドと呼ばれる成分を生成したもので、主成分はアミノ酸です。
いくつものアミノ酸が複雑な形で結合したものになります。この成分は、幹細胞がどんどん増殖しているときに分泌されていますので、幹細胞を刺激して、分裂や分化を促進する効果があります。

 

幹細胞が分裂を繰り返して新しい細胞を生み出す際の起爆剤となるようなものです。このように活性化して新しく再生させたいと思う部分の細胞から、幹細胞を取り出して培養し、その際に分泌される成分を再生医療の分野で活用している例はいくつもあります。
歯髄幹細胞培養液を使った骨髄損傷の再生やヒト脂肪由来幹細胞培養液を使った頭髪再生などが挙げられます。

 

幹細胞培養液とは?

 

 

 

ヒト由来の幹細胞と幹細胞培養液

 

ヒト由来の幹細胞で美容や医療の分野で多く使用されているのは、皮下脂肪から採取した「脂肪由来幹細胞」です。
脂肪由来の幹細胞は間葉系幹細胞に属します。間葉系とは、軟骨・骨・脂肪細胞・線維芽細胞といった組織を言います。
限られた細胞に分化する能力を持っています。脂肪由来の幹細胞は、皮下脂肪から簡単に摂取することができ、少ない量の脂肪から幹細胞を摂取できます。

 

脂肪由来の幹細胞を培養した際に、幹細胞が分泌する脂肪由来幹細胞培養液は一般の細胞を培養しても分泌されないアンチエイジングに欠かせない成長因子などのサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)などがたくさん含まれています。そこで、ヒト由来の幹細胞コスメでは、脂肪由来の幹細胞培養液を利用しています。

 

幹細胞培養液とは?

 

 

まとめ

 

幹細胞培養液とは、ヒトの脂肪由来の幹細胞を培養した時に幹細胞が分泌するアンチエイジングに欠かせない成分が多く含まれているということが分かりました。
このサイトカインは普通の細胞からは分泌されないものです。細胞そのものを使うことには問題がある様子なので、幹細胞培養液を化粧品に配合しているのでしょう。

 

細胞活性のカギとなる物質が含まれていますので、細胞レベルでのアンチエイジングが期待できます。
幹細胞培養液によって細胞が活性化するということでしょう。医療にも使われている技術ですので信用できます。

 

幹細胞培養液とは?

 

トップページへ