再生医療とは

植物由来の幹細胞とヒト由来幹細胞の違いは?

様々な臓器や組織が欠損状態や機能障害や機能不全に陥った場合に失われた機能を再生するために、細胞や組織を移植することが必要になります。臓器や組織機能を再建する医療技術を総合して、「再生医療」といいます。
骨髄や臍帯血にごくわずかに含まれる幹細胞を補充しようという取り組みが盛んにおこなわれています。

 

再生医療とは

 

 

組織再生医療とは

 

組織や細胞が傷つけられた場合に、残存する細胞の中で分裂能力を有した特殊な細胞(幹細胞など)が増殖して障害または欠損した部分が修復して、元の状態に回復する現象を再生といいます。
今現在は、各種臓器の発生過程を幹細胞を用いることにより、再現させて、組織や臓器の再生を目指す再生医療が注目されています。

 

細胞を医療用途で用いる場合の安全性や製造に関するガイドラインなども整備され、21世紀の新しい医療として注目されています。移植医療では、移植した際の拒絶反応などのリスクも排除する方法が現在求められています。可能な限り、少量の細胞摂取で最大限に機能を回復をもたらす細胞群を培養し、さらに移植後のリスクも最小化するような様々な条件を満たす、組織の再生が現在は進められています。

 

再生医療とは

 

再生医療の種類

 

現在研究が行われている再生医療には、iPS細胞やES細胞や他人の細胞を移植する高リスクなもの、体の中にある自分の幹細胞を培養して利用する中リスクなもの、対象となる部位と同じ機能をもった自分の細胞を培養せずに用いる低リスクなものなどがあります。
美容整形において豊胸手術などで用いられているのは、自分の体の中にある脂肪細胞から幹細胞を取り出し、胸に移植する再生医療です。
幹細胞を使った化粧品などは、植物の幹細胞を使った化粧水などが多く販売されています。樹齢1000年といわれている植物の幹細胞を使用することで人の肌の幹細胞も活性化させていくのでしょう。

 

再生医療とは

 

まとめ

 

再生医療について調べていきました。
幹細胞は、壊れたり、死んだ細胞のまわりに集まってきて、細胞分裂を繰り返し、その破損した部分の組織を回復させていく効果が期待できます。
けがをしたり、病気をしたりして、細胞が死んでも、この幹細胞により再生して正常な組織に戻っていく効果があります。

 

自分の幹細胞を使ったものだと移植による拒絶反応もありませんが、機能は制限される様子です。なんにでも分化できる幹細胞というのは移植などが難しく拒絶反応や倫理的な問題もあります。
だんだんガイドラインも整備され始め、臨床段階にはいっているものも存在しますが、これからに期待したい医療となっています。

 

再生医療とは
トップページへ