幹細胞,質問

幹細胞のよくある質問!!Q&Aを紹介

 

幹細胞,質問

 

 

幹細胞に関する質問でよくあるものを調べていきました。

 

幹細胞,質問

 

幹細胞とiPS細胞の違いとは?

幹細胞は受精卵などの細胞になりますが、人の受精卵を再生医療などに用いることは倫理的に問題があります。
iPS細胞は、皮膚などの体細胞に、多機能性誘導因子を入れて培養することで、様々な細胞や組織に分化する能力とほぼ無限に増殖する多機能性幹細胞に変化します。
iPS細胞は人工的に体細胞から作られている細胞ですので、倫理上の問題をクリアしています。
ただ、iPS細胞を増殖させるとがん細胞が発生する確率も高くなっており実際に医療の現場で再生医療などに使用されている例は少ないです。

 

臍帯血や骨髄から、網膜細胞を作ることは可能?

臍帯血や骨髄から網膜細胞を作ることはまだ実現されていません。体性幹細胞に遺伝子を導入して、網膜細胞を作ることは可能かもしれませんが、細胞ががん化する危険性があり、遺伝子の導入は最終手段となっています。
ES細胞からは遺伝子注入なしで、網膜細胞ができることは可能となっています。

 

 

再生医療で使われるES細胞とは?

ES細胞は、第三者の受精卵から作ることができますが、誰かの細胞ということになりますので、拒絶反応などの心配もあります。iPS細胞は自分の細胞を使用するので拒絶反応は少ないと考えられています。
ES細胞は細胞ができていますが、iPS細胞は、遺伝子を導入して細胞になるかという問題もあります。
本人の体細胞からクローン胚を作ってES細胞を取り出す技術なども発表されて話題を呼んでいます。

 

幹細胞,質問

 

 

幹細胞のよくある質問!!まとめ

 

幹細胞は、どんな細胞にも分化することのできる細胞であり、注目されていますが、他人の受精卵を使用するなどの問題がある様子です。
自分の体の組織を使って作ることができる技術なども研究されているとのことです。
受精卵というのは、胎児のすべての組織と胎盤が作れる分化全能性がありますが、他人の受精卵を使うというのはいろいろと問題がありそうです。

 

受精卵などと使用しなくてもいいように、iPS細胞の研究などが行われているのでしょう。人工的に作った万能細胞には、がん化する危険性もはらんでいるということで、実用化に向けてはさらなる研究が必要になると思われます。
しかし、人の幹細胞というのは限りはあります。
人工でiPS細胞が作り出せるようになると無限に供給できることになりますので、再生医療の分野でも使われることがあるかもしれません。さらなる技術の進歩を待ちたいと思います。

 

幹細胞,質問

 

トップページへ