幹細胞の今後の期待・展開

幹細胞の今後の期待・展開

幹細胞の研究は、1998年にヒトES細胞が2007年にはヒトiPS細胞が樹立しました。あらゆる細胞から分化する幹細胞の応用の可能性が注目されるようになりました。
また、2007年8月には、日本において、初めて再生医療製品が製造承認され、今後も培養皮膚、角膜をはじめとする製品の上市が期待されています。
本格的に再生医療の市場が形成されていくと考えられています。

 

幹細胞の今後の期待・展開

 

 

肌の幹細胞へのアプローチ

 

肌の幹細胞へのアプローチもその一つです。肌には、表皮幹細胞と真皮幹細胞が存在しています。
真皮幹細胞からは、線維芽細胞が作られます。線維芽細胞の活発化によって、肌に潤いや弾力をもたらすコラーゲンやヒアルロン酸が生成されます。
いままでの化粧品では、コラーゲンやヒアルロン酸などの足りない成分をサプリメントや化粧品で補うというような対応がメインでしたが、幹細胞に着目した化粧品においては、肌そのものの再生能力を高めることが可能になり、コラーゲンやヒアルロン酸などを自ら作り出していく効果が期待できます。
その中でも、ヒト由来の幹細胞培養液などを用いた化粧品は、表皮幹細胞や真皮幹細胞の活性化に効果を期待できます。

 

幹細胞の今後の期待・展開

 

 

幹細胞コスメの多くは?

 

現在市場に出回っている幹細胞コスメの多くは植物由来のものであったり、ヒツジなどの動物由来のものであったりする場合も多いです。植物性由来のものは、細胞の組織の違いによって、幹細胞を活性化させるという点では不明なものも多いですが、植物本来のアンチエイジング効果が期待でき、健やかな肌を作る効果が期待できます。
動物由来のものもありますが、肌に合うかどうかなどの問題や、安定供給が難しいことなどから、市場に出回っている商品は少ないです。

 

幹細胞の今後の期待・展開

 

 

 

まとめ

 

幹細胞の将来と展望について調べていきました。いろいろな化粧品が古来より使用されているものであることに比べて、幹細胞コスメというのは、最新の技術を使ったコスメであると考えられます。
最近、研究が進み、だんだんと法整備もされて、市場にも出回り始めている幹細胞コスメなども、気になる方は使ってみられるといいと思います。しかし、まだまだコストの面などからも、私のような庶民が継続的に使えるレベルではないような気がしています。
その分効果も期待できますが、より安全に倫理的にも問題なく、大量にできるようになると幹細胞コスメももっと一般的に使用されるようなコスメになっていくと思われます。

 

幹細胞の今後の期待・展開

 

トップページへ